キレイな花

遺言作成の前に

海外の墓地

遺言作成の方法には3つの方法があり、費用のかかるものから、かからないものまであります。自分で書いて、法的に効力があるのかと不安になる場合は弁護士に依頼することも可能です。無料相談もあるため利用しましょう。

遺言は必要

喪服の男性

遺言作成はトラブルの回避につながります。遺言はいざという時に効力を発揮します。自筆の遺言は効力が低い場合が多いですが、遺言そのものの効力はあるため用意しておきましょう。

争いを避ける

お葬式に来た人達

日本の相続問題は戦後から、核家族化の増加で増えてきています。家族同士がもめること無く相続するためにも遺言は必要不可欠です。遺言を作成した後は弁護士に預けたりとその管理も大切です。

遺言作成は前もって
お葬式

故人のことを考えるなら奈良で葬儀を依頼しましょう。様々なプランを用意しているので安心して任せられます。

丁寧な家族葬を柏原で行ないましょう!コチラでは遺族だけでなく、終活を行なっている方の相談にも乗ってくれますよ。

いざと言う時に慌てない為に

自分が亡くなったらどうなるのだろうと考える人は多いのではないでしょうか。残った家族の生活や、自分の気持ちをきちんと伝えるために遺言作成はとても有効と言えます。人によっては縁起でもないと言われる方もいますが、いつ何が起こるかは誰にも予想が出来ないのです。もしも急逝であったら、遺族は大変になるからなのです。遺言作成をしておけば自分の意志として葬儀の指示も伝えられます。また、残された家族への遺産相続に対しても効力を発揮しますのでもめ事を回避できるのです。元気なうちに自分の意思表示として作成するのが一番ではないでしょうか。また、遺言作成をしても気が変わった等と言う時には、新しく書き直すことが出来るのが良いですね。

作成を依頼したら

自分に万が一の事があった時にと遺言作成をしようと思っても書式が複雑であったり、なかなか作成することが出来ないと言ったことがあります。書式は間違いがあると無効になる可能性があり、慎重に作成することが望まれます。もし、正しい遺言作成をすることが難しい様であれば、専門の司法書士や行政書士に作成を依頼することをお勧めします。書類の作成から公証役場での手続きまでをしてもらえるので、自分で作成するよりも安心できるのではないでしょうか。書類を作成して貰うのにかかる経費は居住する自治体にもよりますし、依頼する事務所にもよります。また、財産の金額にもよりますがおおむね十数万円で作成してもらえます。事務所の人に自分の事情をきちんと話し、自分の意思をしっかりと伝える事が大切です。

葬儀費用の相場っていくらするのかわかりませんよね。そんな時はこちらのサイトがきっと参考になりますよ。

オススメリンク

  • ハロークリーンセンターの遺品整理

    クレジットカードで支払いを行なうことができるようになっているので遺品整理を宝塚で検討しているならサイトに記載されている情報をチェック!
  • ダイイチ葬祭サービス

    出費をできるだけ抑えて葬式を挙げたいとお考えの方に知ってもらいたいのがこちらのサイトです。激安価格で葬儀を行なっているお得な業者です。